私たちの仲間を紹介します。

株式会社テイク・フォト・システムズは写真を軸に事業展開しています。ブライダルカメラマン、スタジオカメラマン、着付師、ヘアメイク、フォトレタッチ担当、レイアウト担当、アルバム製本担当…様々な分野のスタッフ達が集まって協力をし、全員がより良い一枚のために日々奮闘しています。また、中には全くの未経験からはじめたスタッフも。研修制度があるので未経験者でも安心して技術や知識を身につけていただけます。ここでは現場で活躍するスタッフの一部を紹介いたします。私たちの仕事を身近に感じていただければ幸いです。

ブライダルカメラマン

名古屋事務所 フォトグラファー柴田

"ブライダルカメラマン"の仕事の魅力

結婚式は一生に一度のとても大切なイベントですが、カメラマンとしても非常に魅力のある仕事だと感じています。 ブライダルの挙式当日はまさに『LIVE』。目の前で起きているドラマを自分の手で切り取り、写真に残すことに大きなやりがいを感じます。

結婚式は会場スタッフや他の業者など様々な人々と関わり、お互いにタイミングを図りながらみんなで作り上げるものです。他スタッフとの連携や挙式披露宴の進行のタイミングを図ることは昔は難しいものでした。今はテクノロジーの力を使って完璧なタイミングで動けるので撮影もしやすいです。他のスタッフとはインカムを使って連携しているので「あと◯分でお着替えが完了します」や再入場のカウントダウンなど事前に知ることができ、スムーズに次の動きに備えることができます。

「前撮りは一日に一組だけ」
だから仕上がりを高められます

結婚式当日が「みんなで連携して作り上げるもの」に対して前撮り撮影は美容師とカメラマンがそれぞれで自分の仕事のベストを尽くすことができます。前撮りは1日1組のみなのでお客様とカメラマンで1日かけてしっかりとコミュニケーションをとり、記念撮影できるのが魅力です。ただし、時間をかけて撮影できるからこそ仕上がりに対しての責任は重要です。また基本的に実際に挙式・披露宴を行う会場で撮影をするので本当の前撮りができるのも魅力です。会場内の受付やロビーなどどこもトレンドを踏まえていつも華やかに飾られており、絵になるスポットが多いのでとても撮りがいがあります。

LIVE感をふんだんに感じる「挙式当日」とお客様とじっくりコミュニケーションをとって作品作りができる「前撮り」。この両方ができるのでカメラマンとしても非常にやりがいがあり、撮影スキルのアップにつながっているのを感じます。たとえば 前撮りでつかんだ撮影方法や構図を挙式当日の撮影でも取り入れたり、その人に合わせた絵作りができるのが魅力です。前撮りと同じ会場で挙式当日の撮影をするのでちょっとしたシーンのスナップも前撮りのときの絵作りを生かすことができます。

「撮影に集中すること」が最優先! だからやりがいを持って働けます。

自社でアルバム制作をしているのも魅力

多くの会社ではカメラマンがいくらいい写真を撮ってもアルバムの仕上がりまでは細かく関わることはできません。(株)テイク・フォト・システムズは自社でアルバム制作を行っているので撮影時の意図を伝え、よりよいアルバムを作ることができます。 また前撮り撮影でも丁寧に仕上げ、より美しい作品に仕上げてもらえるのでそこも魅力です。

結婚式はみんなで作り上げるものです。この「みんな」は「現場にいるみんな」と思いがちですが現場にいない裏方もすごく重要です。裏方のみんなとも関われるのがこの会社の魅力です。

システム活用で事務作業が大幅減。
撮影に集中できます!

ブライダルの仕事は絶対に間違いが許されません。そのため書類を残したり、確認をしたりという作業が何重にもあります。いろんな会社でシステム化が図られており、似たようなシステムを使っているところもあると思いますが、(株)テイク・フォト・システムズは自社でシステムの開発をやっているのも大きな魅力です。専用のデータベースやシステムがあるので、挙式当日のお客様のフォルダの作成や書類の保管についてもミスがなく、ストレスなく仕事ができます。このシステムを活用することで事務作業が大幅に減っており、その分撮影に集中できます。

応募を検討してくれているあなたへ

私たちは今、ウェディングフォトグラファーとして一緒に働いてくれる仲間を探しています。この会社で働く前は他社で結婚式場での撮影を経験しましたが(株)テイク・フォト・システムズでは「会場」と「いい写真を撮ること」が最優先されているのでカメラマンとしての業務に集中できます。 たとえばカメラマンにとっては本当は必要ないような研修を行う会社も多いですが、自社では実際の写真館の見学に行くなど、写真の能力向上に向けたものです。

ブライダルカメラマンは「サービス業」で、サービス業の中で写真の専門家として働く仕事です。結婚式場でのサービスというのは非常に重要かつ難しいことです。決して失礼が許されない状況の中でお客様とコミュニケーションをとり、ベストなパフォーマンスを行う必要があります。このような状況でお客様から細かいお叱りを受けることもありますが、会社に報告してお客様にご納得いただければお叱りについては会社から咎めらることがあまりないのも働きやすい点だと感じました。もちろんお客様に対してはちゃんと対応しないといけませんが、現場のスタッフを信じて現場判断に任せてもらえます。
もちろんその分、大変なことも時にはありますが、自分のやってきたブライダルの経験を生かして思いっきり良い写真を撮っていただきたいです。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー